記憶力に関する勉強方法

記憶力に関する勉強方法として、睡眠の質を上げるだけで記憶力は変わります。
勉強をしていると疲れて集中力も切れます。
その疲れと言うのは脳を使っているから脳が疲れているのではなく、体が疲れているからです。
脳自体はほとんどの力を使って活動しているわけでもないので疲れる心配はありません。

疲れた時は体が疲れているとの信号なので無理せずに休み寝ることです。

サボっているようにも見えますが実際は眠っている間も脳は働き続けています。
その間、先程勉強した内容などを整理してくれたりしています。
そのため、勉強した後にテストを受けるよりも、睡眠をとってからテストを受けた方が結果が良い場合もあります。
勉強直後の方が情報量も多いのですが、睡眠をして情報の整理をすることで記憶の質が上がるために結果が良くなることがあるそうです。

長期的に記憶力をあげたい方は睡眠をして記憶の整理をした方がいいでしょう。
なのでよくテスト前日に徹夜などしていた地する人もいますが、6時間ほど寝ないとこの効果は思うぞんぶん発揮しないのでテスト前日などは十分に寝ることをお勧めします。

Comments are closed.